雑学

汚れた靴がピッカピカ?子どもも驚く重曹とオキシドールの威力!

新しい靴を買って、しばらくしていると「あぁ、汚れてきたな」と思う瞬間ってありますよね?ですが、仕事や育児で忙しく後回しにしてしまい気付けば汚れだらけに。靴を新しくするのはもったいない…今回は汚れた上履きをキレイにできる驚きの方法があると聞いたので、早速調べてみました!

簡単に真っ白に

まずはこちらをご覧ください。


このように汚れた靴に、重曹大さじ1にオキシドールと水を1/2ずつを加えて混ぜたもの塗って天日干しにすると驚きの白さが復活します。

特に、雨の日なんかは足ものとの水がはねるのでとても汚れやすくなります。歩いているときに足元を見てみて下さい。

つま先が水を真上にはね上げて、つま先から順番にグッチョグチョになるのが見えます。雨水と一緒に汚れを跳ね上げるためかなり汚れます。

この汚れを落とすのが今回ご紹介した動画の方法なんです。

子どもも楽しめる

現在のところではハッキリとしたことは分かっていませんが、重曹とオキシドールの化学反応で汚れを浮かし、乾かすことで浮かした汚れが固まることではたいたときに落ちるのではないでしょうか。

また、混ぜ合わせても危険なガスは発生しないのも特徴で、子どもでも安全に使うことができます。

汚れた靴をキレイにする方法はたくさんありますが、「混ぜる、塗る、はたく」で落とせるこの方法だとカンタンに行えますね。

まるで理科の実験のような工程なので、子どもと一緒にやると楽しく作業をすることができます。

ただし、私も気になりましたが最終的にはちゃんと水洗いをした方が良さそうです。粉が靴の中に入ってしまいますからね。

落ちた粉を再利用

ちなみに、はたいて落としてしまった粉ですが、他にも油汚れや水回りのヌメリを落としたり掃除に使えます。

使い方は少し水で濡らして、靴のときと同じようにペーストの状態で擦りながら塗った後しばらく放置をして、最後に流すだけ。

洗剤に研磨剤が入っているように、重曹がその役割をするためキレイになるのですが、重曹はその粒が小さいので傷をつけにくいといった特徴があります。

ただし、材質によっては変色の可能性もあるので事前にテストを行って色が変わらないことを確認してから磨くようにしましょう。

まとめ

靴が汚れてきて、普通に洗剤で洗ったけどキレイにならないといったこともこの方法を試してみてはいかがでしょうか?

特に、子どもの上履きは汚れもひどいし、自分で洗って欲しいものです。楽しんで洗うことができればそのうち自分から進んでやってくれるかもしれません。

子どもと一緒に楽しんでキレイにして、ピカピカの靴で一緒にどこかにお出掛けするのもいいかもしれませんね。