雑学

領収書とレシートの違いは?両方あれば経費の管理に困らない?

自分だって忙しいのに、上司から買い物に行ってこいと言われたことってありませんか?行った先で領収を書いてくれるところなら特に困ることもありませんが、レシートしか渡してくれないところも。今回は、ちゃんと領収を書いてもらった方がいいのか、それともレシートが領収書の代わりになるのか、他にも店員にやってもらうことがあるのか知っておきたいことをまとめてみました!

領収の取り扱いは事前の確認が必須!

会社から買い物を頼まれたときには、最初に頼んだ人に領収として何が必要か確認をすることが最も無難です。

そもそもレシートと領収書は同じもので、法律上では必要事項が書かれていればどっちでもいいんです。

必要な記載事項は以下の通り。

  1. 代金の領収をした日付
  2. 内容、詳細(何を買ったのか、何にお金をを支払ったのか)
  3. 使った金額
  4. 代金を支払った人の名前、会社名
  5. 領収書を発行した人の名前、会社名

領収書では以上の項目が書かれていれば問題ありませんが、レシートの場合だと最後の買った人の名前は書かれていません。

本来は必要な項目なのですが、スーパーなどの小売業や駐車場などの不特定多数の人が利用する場所は、法律で⑤の項目がなくても十分な証拠書類と認められているので、レシートで十分なのです

ですが、会社によっては領収書でないといけない、レシートにハンコを押してこいなどと言われるところもあるでしょう。

次の項目で詳しく見ていきましょう!

分からなくなる原因はコレ

なぜ働く場所や頼んでくる人によって領収の受け取り方に違いがあるのでしょうか?それには大きく分けると2つ原因があります。

  1. 会社に規定として領収の受け取り方に決まりがある場合
  2. 頼む人が詳しくない場合

一つ目の規定として決まりがある場合について。詳細の記載されているレシートのほうが、税務署としては信憑性が高くなりますが、レシートは熱感紙で消えてしまう恐れがあります。

また、過去に不正を働いた事例が数多く存在し、不正を防ぐためや、二重支払といったミスもあり、ルールを設けているといったことがあります。

このような様々なトラブルを避けるために、会社が規定としてルールを設けたといった背景があります。

二つ目の詳しくない場合については、頼んだ人がいろいろな職場で働いてきて、会社の規定をそのまま税法上のルールだと考えている場合があります。

また、領収書をもらうというのは高度成長期の時期にレジが浸透していなかった頃、バンバン経理からお金が戻ってきていた時期があり、その習慣が未だに残っていると考えらています。

なので、買い物を会社から頼まれたときには、頼んだ人に確認をしておくことでミスをすることなく買い物ができます。

会社の指示と買い物先の領収が違うとき

では、こんなときはどうすればいいのでしょうか?いくつか例をあげます。

事務用品を買って領収をもらってきてと頼まれたが、お店でレシートが領収ですと言われた場合

この場合は、すぐに電話でレシートしかもらえないことを報告するといいでしょう。会社の規定によっては、レシートに買い物先の会社のハンコや対応した店員のハンコが必要な場合も。

また、同じく規定により自社への宛名が必要なこともあります。

レシートと領収書の両方をもらった場合

これはダメです。この場合、レシートと領収書で二重請求ができてしまう不正行為を疑われてしまいます。

もし、両方をもらってしまったときはすぐにお店の人にレシートを返すか、事情を会社に報告して指示を仰ぐのが無難です。

まとめ

働く身としてはよくわからないことが多い領収書やレシートの扱い方ですが、会社での決まりがどういったものなのか分からないまま、自己判断で処理をすると後で痛い目に合うことも。

ですが、本来の取り扱い方を理解しておくことで、トラブルを避けることができます。間違えたからといって買い物の代金を自腹で払わされたくはないですよね?

初めてのことや、分からないことはしっかりと確認を取って、正しい知識も身につけておくことでトラブルを回避しましょう!