気になる

映画【カメラを止めるな!】が面白いと話題に!有名人も絶賛で劇場は満席!

「カメラを止めるな!」というゾンビ映画がSNSを通して話題となっています。インディーズ映画で、監督もキャストもほとんど無名のこの映画が全国へ広がりを見せている理由はなんなのでしょうか?今回は爆発的な広がりをみせている「カメラを止めるな!」について調べてみたので、早速見ていきましょう!

 

たった2館の上映から全国へ!

2018年6月24日に都内の映画館2館にて上映された映画、「カメラを止めるな!」は毎日のように満席となり、その上映館数をどんどん増やしています。

2017年11月 初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。イベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。この度、満を持して都内2館同発での劇場公開が決定した。

参照:http://kametome.net/introduction.html

さらに、8月には全国100館以上の上映も決まっていてその勢いはとどまることなく拡大しています。

「カメラを止めるな!」を制作した監督上田慎一郎氏は、なんと、今回の作品が劇場用長編デビュー作とのこと!

同作品には有名な俳優さんは出演しておらず、全員が無名で制作予算も300万円のインディーズ映画にも関わらずなぜこんなにも人気が拡大し続けているのでしょうか?

有名人も絶賛!リピーターも相次ぐ!


「カメラを止めるな!」が人気、拡大している最大の理由が口コミです。観た人がとにかく大絶賛していて、観たくなる欲求を刺激します。

また、俳優の斎藤工さんやHKT48の指原莉乃さんらがSNSで絶賛していたり、観た人が何回も観た上で「情報を入れないで観てほしい」と口をそろえているため、観たくなる人が急増しているようです。

観た人が誰かに観てもらいたいと思える映画

「カメラを止めるな!」のさらなる人気の理由が、「誰かとこの映画を共有したい」と思えるところにあります。


このように、劇場内でお客さんが一体となって楽しめるところが「誰かと共有をしたい」という欲求につながっていて、観た人がさらに人を呼ぶといった現象が起きています。

まとめ

現在も上映館を増やし続けている「カメラを止めるな!」。無名の方々が低予算にも関わらず、情熱と愛情を全力をもって作り上げた渾身の作品は、日本だけでなく世界でも注目されようとしています。

観た人全員がその感情を誰かに伝えたくてウズウズしてしまう作品とは、今までに一体どれほどあったでしょうか?

何回でも観たくなる中毒性と、パンデミック的な人気に世界中がゾンビ化する日も近いかもしれません。